歯が抜けてしまった方へ

歯が抜けた方へ

歯が抜けてしまったときは、
できるだけ快適で、きちんと噛める治療を。

できればご自分の歯を長く残すように予防や早期治療を心がけて頂きたいと考えておりますが、むし歯・歯周病・怪我などの理由でどうしても歯を失ってしまうことはあります。そういったときに一番大事なのは、やはりできるだけ快適に噛めるようにする機能を回復させることです。当院では、いずれの治療も患者さんがお食事を楽しんで頂けるように、そしてなるべく残っている他の歯に負担がかからないように治療をさせて頂きます。

歯が抜けてしまったら・・・

歯が1本や2本抜けても、残った歯を使えばなんとか食事をすることはできますし、それが奥歯であれば口を開けたときに目立つこともありません。しかし、歯は隣の歯や上下の噛み合わせ、そして口唇と舌の筋肉など、全体のバランスの上で成り立っています。そのため、たった1本でも歯が抜けてしまうと、隣の歯が倒れてきたり、噛み合わせていた歯が伸びてきたりします。そうなると、残っている他の歯の寿命まで縮まり、どんどん歯の本数は少なくなってしまいます。万が一歯を失ってしまうことがありましたら、せめて他の歯は守れるよう早めに治療を受けるようにしましょう。なお、歯が抜けたときの治療法には、「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」と大きく分けて3つの治療法があります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、当院からはよく説明をさせて頂き、患者さんにお選び頂くようにしています。なお、いずれの治療法も、メンテナンスが非常に重要ですので、毎日きちんと歯磨きや洗浄をして、長く使っていけるようにしましょう。

入れ歯

3つの治療法のうち、最もお手軽に受けて頂ける治療法が入れ歯です。プラスチックでできた床とその上に取り付けられた人工の歯からできており、金属製のバネを残っている歯に引っ掛けることでお口の中に装着します。

当院の入れ歯作りへのこだわり

当院の院長は、これまでの経験から、入れ歯をもっと快適にもっと長く使って頂くための取り組みをしており、毎月入れ歯の勉強会も欠かさずに参加するようにしています。その結果、今まではすぐに外れて困っていた患者さんの入れ歯が、強く引っ張らないと取れないくらいピッタリとくっつけることができるようになるなど、多くの患者さんに喜ばれるようになってきました。今お使いの入れ歯に痛みや違和感があるが、我慢して使い続けているという方は、是非当院へお持ち頂ければと思います。

コピーデンチャーで患者さんの入れ歯を調整

患者さんに入れ歯をお持ち頂いた際、直接それを調整してしまうと、万が一元に戻したくなったときに戻せない可能性があります。そのため、当院では、既にある入れ歯と全く同じもの(コピーデンチャー)を製作して、そのコピーの入れ歯を使って調整をしていきます。

ノンクラスプデンチャー

入れ歯についている金属製のバネは、お口を開けたときに目立ってしまうため、それが理由で入れ歯を敬遠される方も多くいらっしゃいます。ノンクラスプデンチャーは、このバネがない入れ歯で、お口を開けてもそれが入れ歯だと目立つことはありません。さらに、土台に使っている素材もプラスチックではないため、食事の際の違和感がかなり軽減されます。今お使いの入れ歯よりももっと快適なものをご希望される方は、一度ご相談頂ければと思います。

ブリッジ

ブリッジは、歯が抜けてしまったときに、その両側に残っている歯を削って、連なった形の人工歯を取り付ける治療法です。入れ歯と比べてしっかりと噛めるというメリットがありますが、健康な歯を削って支えにするため負担をかけてしまうというデメリットもあります。

インレーブリッジ

通常は、支えにする歯の上部を全体的に削って、被せ物として人工歯を取りつけますが、当院では噛み合わせる面の中央部だけを削る詰め物(インレー)型のブリッジ治療も行っています。削る量が少なくなるため、健康な歯への負担が少なくなる他、取り付けたところに一部白い歯の色が残るという特徴もあります。

インプラント

インプラントは、歯が抜けた場所に人工の歯の根っこを埋め込んで、その上に人工歯を取りつける治療法です。骨でしっかりと支えるため、他の歯に負担をかけずにしっかりと噛むことができるようになります。ただし、口腔外科手術が必要で、治療が完了するまでに数ヶ月間の期間が必要であるというデメリットもあります。なお、当院ではインプラントをご希望の患者さんは、インプラント治療を得意としている専門医へ紹介させて頂くようにしています。

メールでのお問合せ
ひろ歯科クリニック top_img10_sp.png 診療時間