むし歯・歯周病・根管治療

むし歯・歯周病・根管治療

より良い治療成果を出すために、一つひとつを丁寧に。

むし歯や歯周病の治療は、いかに丁寧に処置を行うかどうかで、再発率やその後の歯の寿命に違いが出てきます。当院では、できるだけ良い治療成果を出すために、ちょっとしたこだわりや丁寧さを大事にしています。同じ「治す」なら、できるだけ長持ちする治療を受けたい。そんな方は是非当院へお越し頂ければと思います。

削る量は最小限に

歯の寿命のことを考えると、むし歯治療で削る歯の量は少なければ少ないほど良いと言えます。しかし、もちろん菌を残すような削り方では、むし歯が再発しまうことになります。そこで、当院ではむし歯になっているところだけが染まる特殊な液を使って、むし歯を染めて、少し削って、また染めて、染まったところだけをまた削って・・・という処置を繰り返すことで、必要最小限かつ十分な量を削る治療を実現しています。

痛みを抑えるための工夫

むし歯治療は痛そうだから受けたくない。そんな方も多いと思いますが、当院では痛みを抑えるために、まずは表面麻酔を歯茎に塗り、時間を置くようにしています。実は表面麻酔は、ただ塗るのではなく、塗ってから効いてくるまでしっかりと時間を置いておくのがポイントなのです。そして、麻酔液を注入する際は電動麻酔器を使って、歯茎に圧力がかからないよう少しずつ入れていくようにしています。

これまでむし歯になったことのない人は要注意!

大人になるとむし歯よりも歯周病のケアが重要になります。日本では成人の8割以上が歯周病にかかっていると言われており、年齢を重ねていくに連れて、歯を支えている骨が溶けて歯が抜けてしまい入れ歯などが必要になってしまう方がたくさんいらっしゃいます。そして、驚くことに、こういった歯周病で悩むことになるのは「昔ほとんどむし歯にならなかった」という方なのです。むし歯にならなかった人は歯科医院に行く習慣もできていないことが多く、自覚症状のない歯周病がどんどん進行してしまうと思われます。これまでは大丈夫だったと安心している人ほど気をつけなければいけない歯周病。是非一度、検査にいらして頂ければと思います。

当院の歯周病治療

歯周病菌の温床となる歯石や歯垢をお掃除して、歯と歯茎の間にある歯周ポケットには菌を殺すお薬を注入します。また、寝ているときの歯ぎしりや起きているときの食いしばりが原因で顎の骨が溶けてしまうこともありますので、そういった方には歯の負担を減らすためのマウスピース「ナイトガード」をお作りしています。さらに噛み合わせが原因で歯に横向きの力が加わってしまう方の場合は、噛み合わせ調整も行っています。

むし歯が進行していくと、いずれ歯の中の神経やさらに奥の根っこまで菌に侵されてしまうことになります。そうなると、通常のむし歯治療とは異なる「根管治療」と呼ばれる特殊な処置が必要になります。当院では、折れにくくしなりの良いニッケルチタンのリーマー(根管治療に必要な道具)などを使って、丁寧に治療を進めていきます。

むし歯が進行していくと、いずれ歯の中の神経やさらに奥の根っこまで菌に侵されてしまうことになります。そうなると、通常のむし歯治療とは異なる「根管治療」と呼ばれる特殊な処置が必要になります。当院では、折れにくくしなりの良いニッケルチタンのリーマー(根管治療に必要な道具)などを使って、丁寧に治療を進めていきます。

メールでのお問合せ
ひろ歯科クリニック top_img10_sp.png 診療時間
アクセス 妙典駅徒歩3分 院内ツアー 患者さんの声 スタッフブログ Facebook

新着情報 what's new!

新着情報

一覧へ >
2019/12/05NEW
【年末年始の休診】12月30日(月)〜1月5日(日)までお休み致します。